オンラインスクールの様子「交流分析」

東京ビジネスカウンセラー学院の「心理カウンセラー資格セルフコース・プロコース」は

昨年から授業のスタイルを完全オンライン学習にリニューアルしました!

 

オンライン学習では、動画やテキストで心理を学べることはもちろんですが、プロの講師と学んでいるメンバー同士が交流し、学びをより深める「グループライブセッション」にご参加いただけます。

 

コースに参加されている方は、学習期間内は動画の視聴、グループへの参加は何度でも可能となっています!

 

 

 

【心理カウンセラー資格プロコースについて】

 

カウンセリングではクライエントの気持ちに寄り添うことはとても大事なことですが、限られた技法だと、問題解決までに時間がかかったり、問題を解決するサポートが困難であることもあるかもしれません。

 

プロコースでは、クライエントの抱える問題解決を促すのに、カウンセリングで有効的な9つの心理技法を動画で学んでいきます。

 

また、グループライブセッションに参加すると、講師や生徒同士でディスカッションを行ったり、気になる部分を講師に質問したり、アドバイスを受けることができるので、動画で学んだことをより深く落とし込むことができます。

 

実際にロールプレイで心理療法を実技として使うこともあり、参加者が技法としてのテクニックを体感で掴むことができます。

 

また、こんな方にもプロコースはおすすめです。

 

・自分の成長のために、自己理解を深めたい

・心理業に携わるために、スキルアップされたい

・心理状態の理解をもっと深めたい

・より良い人間関係を構築していきたい

 

心理カウンセラーを目指す方以外でも、ご自身の癒しや、身近な人との良い関係を結びたい方など、ご自身のケアとして学んでいただくこともできます。

 

 

 

【グループライブセッションの様子】

 

今回のグループライブセッションは「交流分析」の前半、「構造分析・交流パターン」についてでした。

 

人間は組織に属したり、プライベートを過ごす時など、常にどこかで誰かと関わることがあり、人との交流は欠かせないものになります。

 

普段私たちが何気なく行っている人との交流の中には、相手と意気投合して会話がうまく成り立っている場合と、意思疎通がうまくいかなく、会話が成り立たなかった場合など様々なシチュエーションが存在します。

 

人との交流がどのように行われているのか?

 

交流分析では一連の交流を分析し理解することで、コミュニケーションをよりスムーズに行うことができます。

 

まず最初の「構造分析」では、自分の心のパワーバランスを知るために自己分析を行い、それぞれの分析結果をシェアしました。

また、「会話分析」では、会話が成り立つ時と、成り立たない時の「交流パターン」を知った上で、生徒は身近な交流からパターンを作成し、生徒同士でディスカッションを行いました。

 

このように、自己分析の結果をシェアしたり、共にワークを行うことによって、なかなか理解できなかったことを、他者を通して理解することもできるでしょう。

 

講師や生徒同士が関わり、学びを深めていくことができる「グループライブセッション」

 

グループライブセッションが行われている、「心理カウンセラーセルフ・プロコース」にご興味のある方は、下記の東京ビジネスカウンセラー学院のホームページをご覧ください。

 

心理療法のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格プロコース」についてはこちら

 

傾聴のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格セルフコース」についてはこちら

 

その他のオンライン学習の様子、最新情報を知りたい方はこちら

TBC心理カウンセラー講師デビュー!

スクール講師の成澤です。

私は、東京ビジネスカウンセラー学院で学び、昨年から講師として活動しています。

今日は、講師活動の様子を、少しご紹介したいと思います。

 

 

東京ビジネスカウンセラー学院では、スクールを卒業後も、インターン生として授業に参加することができます。

 

インターン生は、授業の中で講師と協力しながら生徒と関わり、学習の理解を促していくなど、学びながらファシリテーション能力を身につけることができます。

 

そして、インターン生として学びとファシリテーション能力をつけた方には、スクール講師としての活動の道もあります。

 

私はインターン生として活動しながら、講師としての学びも続けていました。そして、去年の末からスクールの講師としてデビューをいたしました!

 

 

【講師デビューの感想】

 

今回の授業は、スクール講師として3回目の担当となりました。

 

授業を行うまでの準備として、学びを復習しながら自分なりの言葉でメモをまとめたり、時には模擬生徒を用意しながら、授業のイメージトレーニングを行いまいた。

 

私は、参加されている生徒の皆さんが、少しでも学びを深く感じられるような、充実した授業にしたい!

そんな思いを抱えながら、授業内容の復習をしていました。

 

前向きな気持ちで授業準備をしていますが、いざ当日となると、始まる前からどうしても緊張してしまいました。

 

そんな時に私が思い出したのは、ファシリテーター研修時代に学んだ「ファシリテーターそのものが居心地良くあること」という考え方でした。

 

私の場合、講師の立場になると、つい考えてしまうのは「質問されたことに完璧に答えらなければならない」ということでした。

 

講師であれば、生徒よりもっと理解が深いのは当たり前で、なんでも臨機応変に答えることが必要だろう!と、ついつい力んで考えてしまいました。

 

ただ、このように力んだ状態で講師を担当することは、居心地が良いかと聞かれたら、正直良いとは言えません。

 

きっと、緊張して力んだ私を生徒の方が見たら、「この先生大丈夫かな?」と、不安を感じることでしょう。

 

力んだ講師を見て皆さんが緊張してしまうよりも、居心地の良い空間の中で、生徒の皆さんが自由に質問できることの方が大事だと、今回は気づくことができました!

 

講師として経験が浅い場合でも、ここではベテラン講師からの指導を受けたり、同じインターン生のサポートを受けながら、しっかりと経験を積むことができます。

 

そして、私も学びを深めながら、今後も皆さまの学びのサポートに努めさせて頂ければと思います。

 

心理カウンセラー資格セルフ・プロコースでは、たくさんの生徒の皆さんにお集まりいただき、毎回賑やかなセッションを行っております。

 

今後スクール講師を目指したい方、インターン生として学びを深めながらサポートをしてみたい方、一緒に心理の学びを深めて、能力を高めていきましょう!

 

カウンセラーとしての基本姿勢を学ぶ!

心理カウンセラー資格セルフコースのオンライン講座参加はコチラ

 

カウンセリングに役立つ心理療法をしっかりと学ぶ!

心理カウンセラー資格プロコースのオンライン講座参加はコチラ

 

オンライン講座の体験が気軽に受けられる!スクール体験入学についてはコチラ

 

オンライン学習のスクールの様子をもっと見たい方はコチラ

3月のイベント紹介・HMC協会の活動状況の活動状況のお知らせ

「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々を中心に、心理の学びを深める「勉強会」、心理カウンセラーとして活動の場を広げていく「エキスパートプロジェクト」の2種類のイベントを開催しております。

 

参加方法ですが、「勉強会」は、会員の方だけでなく、非会員の方、他校の方でも参加OK!

「エキスパートプロジェクト」については、HMC協会に入会いただいている方のみ参加することができます!

 

今回はエキスパートプロジェクトの活動状況を、皆様にお伝えしたいと思います。

 

【心理カウンセラーとしての活動の場を広げる「エキスパートプロジェクト」】

 

エキスパートプロジェクトでは、毎回心理を学んでいる方や、すでに活動されている人たちが、今後のカウンセラーとしての活動方法について話し合うプロジェクトになります。

 

「まだまだ勉強不足で不安だなぁ」

「実際に活動するまで時間がかかりそうな私では、参加してはいけないのではないか…」

 

こんな不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。



けれど、大丈夫です!!!



エキスパートプロジェクトは、「まだまだ学びや経験が足りないから、入れない」ということは一切なく、どの様な方でも気軽にご参加いただけます!

 

参加者の中には、心理カウンセラーの仕事が未経験の方、在学中の方もいて、今後活動を広げるための環境づくりとして参加しております。

 

参加者の中には、すでにカウンセラーとして活動中の方もいるので、今後活動を目指していく人には、活動していく上でのヒントが得られるかもしれません!

 

将来心理に携わるお仕事の活動を目指している方であれば、是非ご参加ください。



今回は「今後の東京ビジネスカウンセラー学院の活動」について、お話ししました。

 

心理を勉強していく中で、一人で学びを深めることがなかなか難しいと感じれられることはないでしょうか?

 

東京ビジネスカウンセラー学院では、生徒同士が交流し合うことから学びを深めたり、集まったメンバーで心理療法を実験的に使うといった、心理の学びを活かすイベントを企画中です。

 

メンバー同士が意見を分かち合い、自分と違った視点から物事を考えることから、新しい発見が得られるかもしれません。

そして、知識や実技を高めていく中で、カウンセリングのスキルが向上したり、心理のお仕事に携わっていない方でも実力をつけられる、そんな機会がご用意できればと思います!

 

新しいイベントや企画の発表では、参加者から「是非、参加してみたいです!」と、期待が寄せられたように感じました。

 

皆さんの期待にお答えできるように、学びの場を深めていける機会をどんどん作っていきたいと思います!

 

次回のエキスパートプロジェクトは、3/26(金)19:00〜21:00になりますので、皆様のご参加をお待ちりしております。

 

HMC協会のイベント参加についてはコチラ

 

HMC教会の「勉強会」の様子など、様々な活動状況についてはコチラ

 

オンラインスクールの様子「心理カウンセラー資格プロコース」

東京ビジネスカウンセラー学院の「心理カウンセラー資格セルフコース・プロコース」は、昨年から授業のスタイルを完全オンライン学習にリニューアルしました!

 

 

オンライン学習では、動画やテキストで心理を学べることはもちろんですが、プロの講師と学んでいるメンバー同士が交流し、学びをより深める「グループライブセッション」にご参加いただけます。

 

コースに参加されている方は、学習期間内は動画の視聴、グループへの参加は何度でも可能となっています!

グループライブセッションで行われていること

 

グループライブセッションは、メンバーがプロの講師に質問したり、講師と一緒に考えることで、動画で学んだ論理をより深く落とし込むことができます。

 

また、メンバーと論理についてディスカッションを行ったり、実際にロールプレイで実践していくことで、心理カウンセラーとしての実力を高めていくことができます。

 

開催日についてですが、毎月ごとに各セッションの時間や曜日を変えながら予定を組んでおります。

 

「この曜日、時間はどうしても都合がつかない!」「時間が合わなくて逃してしまった!」という方でも大丈夫です!

 

毎月各セッションが開催されているので、学習期間内は何度も参加のチャンスがございます。

 

グループライブセッションの様子

 

前回のグループライブセッションは「認知行動療法」についてでした。

 

私達の「気分」「身体」「行動」「思考」そして、それらをとりまく「環境」の5つの領域は、互いに影響しあっていると言われています。

 

認知行動療法では、その5つの影響の中の、一番変化しやすい「思考(認知)」にアプローチして、自分の抱えている問題を改善することを目指します。

 

そして、改善された「思考(認知)」から「行動」にアプローチし、実生活の改善に繋げていくことが出来ます。

 

今回はカウンセリングの心理療法の実戦としても使うことができる「思考記録表」を用いて、実際にどのように自分の行き詰まった状態が変化していくのか、メンバーの皆さんでワークを行いました。

 

ワークを行った後は、メンバーの1人にご協力いただき、実際に書いた思考記録表をシェアしていただきました。

 

他のメンバーと意見をシェアすることは、自分とは違った物事の捉え方を知ることができ、クライエントに関わる時にも大事な「他者理解」につながります。

 

プロコースでは、カウンセリングに使える実践的な心理療法が詰まっています。

 

グループライブセッションにぜひ参加して、技術として使える心理の学びを深めてみてはいかがでしょうか。

 

心理カウンセラーセルフ・プロコースにご興味のある方は下記の東京ビジネスカウンセラー学院のホームページをご覧ください。

 

続きを読む

【HMC協会2月のイベントのお知らせ】

「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々を中心に

 

・心理の学びを深める「勉強会」

・心理カウンセラーとして活動の場を広げていく「エキスパートプロジェクト」

 

の2種類のイベントを開催しております。

 

 

参加方法ですが、「勉強会」は、会員の方だけでなく、非会員の方、他校の方でも参加OK!

「エキスパートプロジェクト」については、HMC協会に入会いただいている方のみ参加することができます!

 

今回は、2月に開催されるイベントのご案内になります。

参加されたい方は、ぜひご御応募ください。



【「勉強会」2月20日(土)14:00~16:00

 

今回の勉強会の「テーマ」は

「カウンセラーがクライエントにすること、カウンセラーが使う各心理療法について」です。

 

実際のカウンセリングでは、カウンセラーはクライエントにどのように心理療法を行っているのか?

 

今回は、心理療法の導入のタイミングや、クライエントに対しどのようにアプローチしていくのかを、上級カウンセラーから具体的に学んでいきます。

 

心理カウンセラーとして、心理療法をうまく使いこなしたい!

また、カウンセリングの一連の流れのイメージを掴みたいという方は、ぜひご参加ください。

 

【「エキスパートプロジェクト16:00~18:00(※会員限定)

 

心理カウンセラーの資格は取ったものの、仕事として活かすことができていない。

そのような悩みを抱えていませんか?

 

エキスパートプロジェクトとは、当学院で心理学を修めた方が、心理カウンセリングの仕事を広く日本に広め、社会で活躍する場を広げる為に立ち上げられたプロジェクトになります。

 

このプロジェクトでは、毎回参加者それぞれの活動報告、今後やっていきたい事、シェアしたい事などを幅広く話し合います。

 

まだまだ実力がなくて、仕事として戦力なるかどうか不安…。

 

そのような方でもぞうぞお気軽にご参加ください!

 

上級カウンセラーや参加している仲間から、意見やアドバイスなどをもらうことができるかもしれません。

どのように心理カウンセラーとして活躍していくことができるのか、一緒に考えていきましょう!



「勉強会」「エキスパートプロジェクト」にもし興味がある方がいましたら、下記のリンクからご応募ください。

 

一緒に、心理の学びと活動を広げていきましょう!

【授業の様子】マインドフルネスコーチ:ベーシック

現代現代では、新しい生活様式や、テクノロジーの進歩により、目まぐるしい変化を遂げている様に感じます。

 

変化が伴う分、環境に適応していくこと事態に自分自身が追いつかず、目まぐるしい日常で心も体も休まらない…

 

その様な状態を感じたことはありませんか?

 

世界的企業の1部では、マインドフルネス用のスペースをオフィスに用意するなど、マインドフルネスは、日々注目度が上がっている、最新のプログラムです。

 

東京ビジネスカウンセラー学院のマインドフルネスでは、どの様な環境にも適応できる、”日常に馴染むスキル”をお伝えしております。

 

マインドフルネスのスキルを習得する事で、どの様な状況でも、自分の感情や思考をコントロールし、”ベスト(マインドフル)な状態”へと導いていきます。

 

今回の授業は「第4回:視覚のマインドフルネス」についてでした。

 

私たちは普段「目」で見えたものを認識することに頼って生活しています。

 

そのため、なかなか目には見えない心の状態を理解することは、難しく感じるでしょう。

 

今回のマインドフルネスでは、実際には目に見えない自分の行き詰まった状態を、イメージ(視覚)として起こし、その状態をまたイメージを使って解消するスキル、「視覚のマインドフルネス」を学びました。

 

「視覚のマインドフルネス」を使った受講生の皆さんは

 

「そのことを考えるだけで心がムカムカしていたのに、そこで見えたイメージを変えただけでスッキリした!」

 

「今抱えている問題が自分の中で可視化されて、どの様に解決すれば良いのかが見えてきた!」

 

など、自分の行き詰まった状態を、ベストな状態へと変化させる事ができました!

 

 

マインドフルネスでは、人間が本来持つ基礎的な能力をさらに活性化し、その能力だけでもベストな状態へと導きます。

 

授業ではスキル習得以外にも、受講者が実感した日常のマインドフルな状態をシェアするなど、参加者の学びがより深まる様なディスカッションも行っております。

 

皆さんでスキルを習得し、ディスカッションを行う事で、よりマインドフルな状態を高めいきたいと思います!

 

マインドフルネスに興味はある方はコチラ

 

東京ビジネスカウンセラー学院のその他の講座の様子についてはコチラ

 

心理カウンセラーとして活動するための企画 「エキスパートプロジェクト」

次回の「勉強会」「エキスパートプロジェクト」は

2021年1月20日(水)18:00〜21:00夜開催!

 

勉強会・エキスパートプロジェクトに

興味ある方・参加希望の方はコチラ!

 

エキスパートプロジェクトとは、当学院で心理学を修めた方が、心理カウンセリングの仕事を広く日本に広め、社会で活躍する場を広げる為に立ち上げられたプロジェクトになります。

 

このプロジェクトでは、毎回参加者それぞれの活動報告、今後やっていきたい事、シェアしたい事などを幅広く話し合います。

 

それに対し、上級カウンセラーや参加している仲間から、意見やアドバイスなどをいただき、それぞれがどうやって心理カウンセラーとして活躍していくかを考えていきます。

 


今回のテーマは「今後のカウンセラーの活躍の場」についてでした。

 

 

 

 

今年の初めはコロナの影響により外出の自粛要請がかかり

 

その後ビジネスではテレワークの導入や

 

プライベートではオンラインサービスの普及など

 

人々の生活様式に変化が訪れた1年でした。

 

 

 

また、人々は新しい環境に対応していく中で

 

今までにない心や体のストレスを抱えた様にも感じられました。

 

 

 

 

「心や体のストレスを感じている人が増えているのであれば、よりカウンセラーの存在が重要になるのでは?」

 

カウンセラーの仕事の活動の場をどの様に広げることができるのか、参加者同士で話し合いを行いました。

 

 

そして、参加者は話し合いの中で、カウンセリングを必要とする人へのアプローチや、これからの心理カウンセラーの活動方法についてアイディアを生み出したりなど、これからの活動に新しい切り口を考えることができました。

 

また、オンラインサービスの普及により、SNSカウンセリングなど、新しいカウンセリングの方法にカウンセラーが適応する必要性についても、話し合いを行いました。

 

参加者はこの話し合いを通して、これからのカウンセリングの需要を再確認し

カウンセラーとして活動の場を広げていくチャンスを見つけられた様に感じました。

 

今後もHMC協会では、カウンセラーの新しい活動の場を考え、その中でカウンセラーとして意欲的に活動したいという方を求めています。

 

心理カウンセラーが一丸となり、一緒に活動の場を広げていきましょう!

 

 

 

エキスパートプロジェクトに興味がある方はコチラ

 

東京ビジネスカウンセラー学院の

スクールの様子・近況についてブログはコチラ

【12月開催】心理の学びを深める!定期勉強会

「主訴・見立ての掴み方」次回の「定期勉強会」は12月26日(土)14:00〜16:00開催!

 

参加希望の方はコチラ



東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々が中心となって活動している「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、月に1回、カウンセリングに役立つ勉強会を開催しております。

 

 勉強会の参加条件は、当学院の卒業生や在校生はもちろん、他校で学ばれた方も大歓迎です!

 

 この勉強会は、HMC協会員の方は無料で参加でき、会員以外の方でも、3000円で参加することができます。



 

今回の勉強会のテーマは、「難しいクライエント、癖のあるクライエントの関わり方」でした。

 

 

「カウンセリングのお仕事をもらったとしても、クライエントに癖があったり、難しい人だったら、うまく傾聴ができるのだろうか…」

 

 

クライエントによっては苦手意識が出てしまい、カウンセラーとしてどのような対応をすれば良いのかが分からない。

そのような不安を感じた事はないでしょうか?

 

 

その不安を解消するために、今回はクライエントをタイプで分け、そのクライエントの心の状態を知り、カウンセラーとしての適切な対応について、参加者と話し合いました。

 

まず初めに、参加者には「クライエントに対する不安」について、それぞれ意見を出していただきました。

 

参加者の意見からは、

 

「クライエントさんが最初から何も話してくれなかったら、どうしよう」

「とても攻撃的なクライエントが来たら、焦ってしまいます」

「話が長いクライエントは、どうやったら上手く関わる事ができるの?」

 

など、クライエントに対して、様々な苦手意識があるようでした。



上級カウンセラーは様々な意見を聞いた上で、クライエントのタイプをそれぞれに分けました。

 

各タイプのクライエントの心の状態について、そこからカウンセラーとしてどのように対応する事ができるのか、参加者と一緒に考えながら、解説を行いました。

 

その解説を聞いた参加者は、

 

「難しいと思ってたクライエントに対して、関わり方がわかっただけでも、とても楽になった!」

「勉強会を通して、クライエントさんの理解が深まり、今後のカウンセリングにも自信がつきました」

 

など、参加者からたくさんの気づきの言葉を頂き、カウンセラーとしての自信を付けていただけたように感じました。

 

また、どのようなクライエントに対しても、カウンセラーとしての基本の心構え、「自己一致」の大切さを、改めて知る事ができました。



勉強会でのテーマは、参加者の方で「これがやりたい!」というものがあれば、随時募集中です!

そして、次回の勉強会は「12月26日(土)14:00〜16:00」に開催いたします。

 

次回のテーマは「主訴・見立ての掴み方」です。

 

カウンセリングでは、クライエントの最も訴えたいことを正確に捉え、その問題はどのようにして起こっているのか、心の状態を見立てていく力が必要になります。

 

クライエントの表現をどうのように掴み、見立てるか。

 

どのように表現すれば良いのか、など勉強していきます。

 

皆さんで意見を交わし、能力を高め合いながら、一緒に心理の学びを深めていきましょう!

 

勉強会の参加についてはコチラ