心理カウンセラーとして活動するための企画 「エキスパートプロジェクト」

次回の「勉強会」「エキスパートプロジェクト」は

2021年1月20日(水)18:00〜21:00夜開催!

 

勉強会・エキスパートプロジェクトに

興味ある方・参加希望の方はコチラ!

 

エキスパートプロジェクトとは、当学院で心理学を修めた方が、心理カウンセリングの仕事を広く日本に広め、社会で活躍する場を広げる為に立ち上げられたプロジェクトになります。

 

このプロジェクトでは、毎回参加者それぞれの活動報告、今後やっていきたい事、シェアしたい事などを幅広く話し合います。

 

それに対し、上級カウンセラーや参加している仲間から、意見やアドバイスなどをいただき、それぞれがどうやって心理カウンセラーとして活躍していくかを考えていきます。

 


今回のテーマは「今後のカウンセラーの活躍の場」についてでした。

 

 

 

 

今年の初めはコロナの影響により外出の自粛要請がかかり

 

その後ビジネスではテレワークの導入や

 

プライベートではオンラインサービスの普及など

 

人々の生活様式に変化が訪れた1年でした。

 

 

 

また、人々は新しい環境に対応していく中で

 

今までにない心や体のストレスを抱えた様にも感じられました。

 

 

 

 

「心や体のストレスを感じている人が増えているのであれば、よりカウンセラーの存在が重要になるのでは?」

 

カウンセラーの仕事の活動の場をどの様に広げることができるのか、参加者同士で話し合いを行いました。

 

 

そして、参加者は話し合いの中で、カウンセリングを必要とする人へのアプローチや、これからの心理カウンセラーの活動方法についてアイディアを生み出したりなど、これからの活動に新しい切り口を考えることができました。

 

また、オンラインサービスの普及により、SNSカウンセリングなど、新しいカウンセリングの方法にカウンセラーが適応する必要性についても、話し合いを行いました。

 

参加者はこの話し合いを通して、これからのカウンセリングの需要を再確認し

カウンセラーとして活動の場を広げていくチャンスを見つけられた様に感じました。

 

今後もHMC協会では、カウンセラーの新しい活動の場を考え、その中でカウンセラーとして意欲的に活動したいという方を求めています。

 

心理カウンセラーが一丸となり、一緒に活動の場を広げていきましょう!

 

 

 

エキスパートプロジェクトに興味がある方はコチラ

 

東京ビジネスカウンセラー学院の

スクールの様子・近況についてブログはコチラ

【12月開催】心理の学びを深める!定期勉強会

「主訴・見立ての掴み方」次回の「定期勉強会」は12月26日(土)14:00〜16:00開催!

 

参加希望の方はコチラ



東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々が中心となって活動している「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、月に1回、カウンセリングに役立つ勉強会を開催しております。

 

 勉強会の参加条件は、当学院の卒業生や在校生はもちろん、他校で学ばれた方も大歓迎です!

 

 この勉強会は、HMC協会員の方は無料で参加でき、会員以外の方でも、3000円で参加することができます。



 

今回の勉強会のテーマは、「難しいクライエント、癖のあるクライエントの関わり方」でした。

 

 

「カウンセリングのお仕事をもらったとしても、クライエントに癖があったり、難しい人だったら、うまく傾聴ができるのだろうか…」

 

 

クライエントによっては苦手意識が出てしまい、カウンセラーとしてどのような対応をすれば良いのかが分からない。

そのような不安を感じた事はないでしょうか?

 

 

その不安を解消するために、今回はクライエントをタイプで分け、そのクライエントの心の状態を知り、カウンセラーとしての適切な対応について、参加者と話し合いました。

 

まず初めに、参加者には「クライエントに対する不安」について、それぞれ意見を出していただきました。

 

参加者の意見からは、

 

「クライエントさんが最初から何も話してくれなかったら、どうしよう」

「とても攻撃的なクライエントが来たら、焦ってしまいます」

「話が長いクライエントは、どうやったら上手く関わる事ができるの?」

 

など、クライエントに対して、様々な苦手意識があるようでした。



上級カウンセラーは様々な意見を聞いた上で、クライエントのタイプをそれぞれに分けました。

 

各タイプのクライエントの心の状態について、そこからカウンセラーとしてどのように対応する事ができるのか、参加者と一緒に考えながら、解説を行いました。

 

その解説を聞いた参加者は、

 

「難しいと思ってたクライエントに対して、関わり方がわかっただけでも、とても楽になった!」

「勉強会を通して、クライエントさんの理解が深まり、今後のカウンセリングにも自信がつきました」

 

など、参加者からたくさんの気づきの言葉を頂き、カウンセラーとしての自信を付けていただけたように感じました。

 

また、どのようなクライエントに対しても、カウンセラーとしての基本の心構え、「自己一致」の大切さを、改めて知る事ができました。



勉強会でのテーマは、参加者の方で「これがやりたい!」というものがあれば、随時募集中です!

そして、次回の勉強会は「12月26日(土)14:00〜16:00」に開催いたします。

 

次回のテーマは「主訴・見立ての掴み方」です。

 

カウンセリングでは、クライエントの最も訴えたいことを正確に捉え、その問題はどのようにして起こっているのか、心の状態を見立てていく力が必要になります。

 

クライエントの表現をどうのように掴み、見立てるか。

 

どのように表現すれば良いのか、など勉強していきます。

 

皆さんで意見を交わし、能力を高め合いながら、一緒に心理の学びを深めていきましょう!

 

勉強会の参加についてはコチラ

心理カウンセラーとして活動するための企画 「エキスパートプロジェクト」

次回の「エキスパートプロジェクト」は12月26日(土)16:00〜18:00開催!

 

 

エキスパートプロジェクトとは、当学院で心理学を修めた方が、心理カウンセリングの仕事を広く日本に広め、社会で活躍する場を広げる為に立ち上げられたプロジェクトになります。

 

このプロジェクトでは、毎回参加者それぞれの活動報告、今後やっていきたい事、シェアしたい事などを幅広く話し合います。

 

それに対し、上級カウンセラーや参加している仲間から、意見やアドバイスなどをいただき、それぞれがどうやって心理カウンセラーとして活躍していくかを考えていきます。

 

 

今回のテーマは「心理カウンセラーとしてのビジネスマナー」についてでした。

 

「カウンセリングの技術は手に入れたものの、いざとなると自分の仕事をどう上手くアピールすればいいのかわからない!」

 

心理カウンセラーになる方は、「心」を扱うお仕事である為、普段の意識が外側よりも、自分の内側に向きやすい傾向があります。

なので、営業や社交的な場所が得意ではないという方が、多く見られるように感じます。

 

心理カウンセラーは、ビジネスの世界でどのように飛躍することができるのか?

 

まず始めに大事な心持ちとして、「常にカウンセラーマインドを持つ」ということから始まると、上級カウンセラーは参加者にお話ししました。

 

カウンセラーマインドを持つことで、どのようにビジネスのチャンスに結びつけることができるか、上級カウンセラーはそのことについて解説してくれました。

 

今回の学びによって、自分達が持つマインド次第では、ビジネスマナーにも影響が出ることを、参加者は心理カウンセラーの立場から、理解することができました。

 

最後に参加者は、

 

「常にカウンセラーマインドを持つことが、私達、心理カウンセラーの活動を、より良く知ってもらえるチャンスなのだ!」

 

と、自分達が学んだ心理の知識の重要性を、再確認する事ができました。

 

エキスパートプロジェクトでは、今回のように、これからビジネスの場面でより多く活動していただく為に、プロ心理カウンセラーの内面をより磨き上げていく講義なども行っております。

 

プロのカウンセラーとして活躍したい、心理の学びを深めたい!

 

そのような方は、東京ビジネスカウンセラー学院でともに学び、エキスパートプロジェクトに参加しませんか?

 

心理カウンセラーとして、皆さんで力を合わせて一緒に頑張りましょう!

 

エキスパートプロジェクトに興味がある方はコチラ

 

月曜の夜は傾聴トレーニング!他校の方も参加OK!

 

月曜日の夜7時〜9時は、傾聴トレーニングの日です!

 

東京ビジネスカウンセラー学院の傾聴トレーニングは、他校の方でも参加が可能です。

 

傾聴トレーニングへの参加方法は、2つございます。

 

・東京本校に直接参加

・リモート学習(zoom)での参加

 

コロナで外に出られない方、仕事で忙しい方、なかなか東京に来られない方でも、その場で簡単にリモート参加することができます。

 

また、当学院の傾聴トレーニングは、参加者に合わせてその都度トレーニングメニューを決めていくので、初めての方でも安心して受けていただけます。

 

傾聴トレーニング参加希望のこちら

 

 

【傾聴トレーニングの内容・参加者の様子】

 

 

今回の傾聴トレーニングは、2人1組になり、「カウンセラー役」「クライエント役」を、交互に1回につき10分間のカウンセリングを行いました。

 

 

「カウンセラー役」として実際にカウンセリングを行う場合、実際にどのように傾聴すれば良いのか、体験しながら学ぶことができます。

 

「クライエント役」は、クライエント視点からカウンセラーとの関わりによって、自分は何を考え、感じているのかを、体験しながら知ることができます。

 

 

まだトレーニングに慣れていない方、初めての方の中には

 

「10分間のカウンセリングはドキドキします!」

 

と緊張されることがあります。

 

今回も初めての方が参加してくださったので、上級カウンセラーである講師が、傾聴の基礎の解説から、カウンセリングの導入までのレクチャーを行いました。

 

 

また、同じ参加者でも、傾聴トレーニングに慣れた方が、まだ慣れていない方のフォローをしている姿もありました。

 

参加者同士がお互い助け合いながら関わる様子からは、皆さんが安心して前向きにトレーニングに励んでいるように見えました。

 

 

残りの時間は、講師に傾聴に関して気になることや、自分の課題、気づいたことを各々がシェアしました。

そして、講師はそれぞれの意見や質問に対して、傾聴のポイントや、課題に対しての対策を解説などを行いました。

 

参加者はそれぞれ、講師と一緒にカウンセリングの意図や、質問の答えを考えていくことで、さらに傾聴の学びをより深めることができました。

 

 

次回の傾聴トレーニングの日程について、お知らせします!

 

【開催日】

 

11月30日、12月7日、12月14日・・・

 

傾聴トレーニングは回数を重ねるごとに、より高い技術が身についていきます。

 

希望者の方は是非傾聴トレーニングにご参加ください!

 

傾聴トレーニングの詳細、申し込みはこちら

 

 

 

 

【11月も開催】心理の学びを深める!定期勉強会

11月は21日「エキスパートプロジェクト」、26日「勉強会」開催決定!

申し込みはコチラ

 

東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々が中心となって活動している「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、月に1回、カウンセリングに役立つ勉強会を開催しております。

 

勉強会の参加条件は、当学院の卒業生や在校生はもちろん、他校で学ばれた方も大歓迎です!

 

この勉強会は、HMC協会員の方は無料で参加でき、会員以外の方でも、3000円で参加することができます。

 

 

10月の勉強会のテーマは、アートセラピーの中の「風景構成法」でした。

 

 

カウンセリングには来談者中心療法を中心とした、様々な心理技法がありますが、その中でも比較的、心の抵抗が少ないものの1つが、アートセラピーになります。

 

 

アートセラピーでは、意識化して話すのが苦手なクライアントでも、絵を描くことよって、自分の無意識を表現することができます。

 

  

自分の無意識を表現することで、行き詰まっていた状況から解放されたり、意外な能力に気づいたりなど、様々な心理的効果があると言われています!

 

 

参加者の皆さんには、それぞれ画用紙とペンを用意していただき、講師が指示通りに風景を描いてもらいました。

 

 

描き終わった後は、1つ1つの描いた物に対してどのような心理描写があるのか、講師が解説しました。

 

風景構成法では、描いた物に対する心理描写の解釈以外に、そのものを描いた位置によって、時系列や思想などを解釈することもできます。

 

 

 

講師の解説を聞いた後は、参加者が一人ひとり自分の描いた絵を見せながら

 

 

「絵を描くことが楽しくて、言葉よりも精神的な負担がなくていい!」

「自分の心理状況が、所々当てはまっていてました。面白かったです」

 

 

など、感想を話してくださいました。

 

 

 

 

参加者から多くの笑顔が見られたので、今回の心理の学びを楽しんで取り組んでくれたように見られました。

 

そして、次回の勉強会は11月21日に開催予定です。

 

今月のテーマは「難しいクライエント、癖のあるクライエントへのかかわり方について」です。

 

難しい・癖のあるクライエントとどのように関わればよいのか?

 

このようなクライエントと信頼関係を築くことはとても難しいと思います。

 

実際にカウンセリングの場で、難しいクライエントを担当する場合どのように接すれば良いのか、先生方が実際にどのようにカウンセリングを行っているのかを学びます。

 

 

勉強会に興味ある、参加してみたい!という方は、下記リンクをご覧になってください。

是非一緒に、心理の学びを深めていきましょう!

 

参加希望の方はコチラ

 

心理の学ぶが深まる「勉強会!」10月の日程について

「勉強会」は10/27(火)19:00〜21:00

「エキスパートプロジェクト」は10/17(土)19:00〜21:00 開催!

参加希望の方はコチラ

 

東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々が中心となって活動している「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、月に1回、カウンセリングに役立つ勉強会を開催しております。

 

この勉強会は、HMC協会員の方は無料で参加でき、会員以外の方でも、3000円で参加することができます。

 

勉強会の参加は、当学院の卒業生や在校生はもちろんですが、他校で学ばれた方でも大歓迎です!

 

【9月の勉強会の様子】

9月の勉強会は、参加者から大好評の「事例検討会」でした。

 

事例検討会は、上級カウンセラーが実際どのようにカウンセリングを行っているのか、参加者がリアルな現場を知る貴重な機会となっています。

 

【継続的なカウンセリングの事例検討】

 

「クライアントがカウンセリングを続けることになった時、カウンセラーは今後何をすればいいの?あまりイメージができない…」

 

カウンセリングを始めたものの、どのように継続的にクライアントと関わればいいのかがわからない、そのような不安はありませんか?

 

そのような不安を解消する1つの事例として、数回継続してカウンセリングに通われたクライエントの事例を検討しました。

 

前回の勉強会と同じように、参加者はその時のカウンセラーとクライアントの会話の記録、「逐語記録」を見ながら、カウンセリングのデモンストレーションを観察しました。

 

デモンストレーション後は、参加者同士でディスカッションを行い、カウンセラーやクライアントがどのような状態であったか、各々が考察したことを話し合いました。

 

「カウンセラーがクライアントに、こんな積極的に関わっていいんだ」

「カウンセラーのこの言葉がけがすごい!」

「数回のカウンセリングで、こんなにクライアントが変わるんですね」

 

ディスカッションの中では、カウンセラーの関わり方の意図性や、クライアントの心の動きに参加者が気づき、驚いている方がたくさんいました。

 

話し合い後には、上級カウンセラーが傾聴のポイントについて、解説を行いました。

カウンセリング中の、カウンセラーとクライアントとの適切な距離の取り方や、クライアントに対して意図を持った話し方、積極的な傾聴技法を学ぶことができました。

 

参加された皆さんからは、

「クライアントが成長していくプロセスと、継続的なカウンセリングとはどういうものか、イメージができました!」

 

などののご感想をいただきました。

 

 

【10月の勉強会&エキスパートについて】

 

10月の勉強会は、アートセラピーの中の「風景構成法」です!

絵から見えてくる深層心理について、皆様と一緒に楽しく学んで行きたいと思います。

 

また、HMC協会が主催する、心理カウンセラーの活動の場を広げていくプロジェクト「エキスパートプロジェクト」の参加もお待ちしております。

 

エキスパートプロジェクトは、心理カウンセラーとして活動するためのプロジェクトです。

プロとしてのスキルも皆さんと共に身につけています。

 

興味ある方は、ぜひHMC協会のHPをご覧ください。

 

勉強会、エキスパートプロジェクト参加希望の方はこちら

 

【生徒募集】10/14スタート!脳科学&認知行動療法

 

 

10/14より、全12回コースの「脳科学&認知行動療法」がスタートします!

 

【認知行動療法の効果】

 

認知行動療法は、アメリカではうつや不安障害に効果がある治療法とされています。

また、脳と心のつながりを知ることで、自分の性格を変える、「ポジティブシンキング」を身につけることができます。

 

「うつ、不安障害、パニック障害を克服したい」

「もっと前向きになりたい!」

「ネガティブをポジティブに変えたい!」

 

そのような方にはおすすめです。

 

 

 

【ここで学べること】

 

プロの心理カウンセラーが認知行動療法を使って、心と脳の繋がりに触れながら、相手に合わせた効果的な使い方を伝授します。

 

「脳科学&認知行動療法士資格コース」では、認知行動療法を活用するプロカウンセラーとして必要な知識・技術、脳科学や精神医学など周辺知識をトータルで学習することができます。

 

【参加について】

 

初心者の方から、既にカウンセラーとして活動をされている方など、誰でもじっくり学べる内容となっています!

 

講義の参加方法については当学院で直接学ぶか、またオンライン学習の2種類の選択が可能です。

その時の都合に合わせて、受講生は2種類の学習方法を選ぶことができます!

 

 ご興味がある方は、是非ご参加ください。

 

 

「脳科学&認知行動療法」について

詳しい内容、日程、料金などについてはこちら

傾聴トレーニング:9月開催のお知らせ

月曜日の夜7時〜9時は、傾聴トレーニングの時間です。

東京ビジネスカウンセラー学院の傾聴トレーニングは、他校の方でも参加が可能です。

 

傾聴トレーニングへの参加方法は、2つあります。

東京本校に来ていただくか、リモート学習(zoom)での参加、どちらでも可能です。

 

今回の傾聴トレーニングは、前半は3人1組になり「カウンセラー」「クライアント」「オブザーバー(観察者)」として、1回約10分間の傾聴トレーニングを行いました。

 

オブザーバーの役割は、まだカウンセリングが慣れていない方や、初めて傾聴トレーニングを受ける方でも、カウンセリングの状況を観察することができるので、安心して行える役割になります。

 

また、オブザーバーになることで、カウンセラーの立場としてどのように関わればよいのか、落ち着いて考察することができます。

 

後半は、上級カウンセラーによる、カウンセリングのデモンストレーションも行いました。

 

デモンストレーション後には、上級カウンセラーからカウンセリングを行う際のポイント、クライアントの心の状態(パーソナリティ)についての解説がありました。

 

上級カウンセラーのデモンストレーションを参加者が観察したことで、カウンセリングを行う際の焦点のあて方や、クライアントに対してどのような言葉掛けをしたらよいか、傾聴のポイントを掴むことができました。

 

傾聴トレーニングは回数を重ねるごとに、より高い技術が身についていきます。

9月の開催日も決定しましたので、希望者の方は是非傾聴トレーニングにご参加ください!

 

【近日開催日】

8月31日、9月7日、9月14日、9月28日

 

月曜日開催!19:00~21:00

 

傾聴トレーニングの詳細、申し込みはこちら