【生徒募集】オンライン学習で心理カウンセラーを目指そう!

東京ビジネスカウンセラー学院の「心理カウンセラー資格セルフコース・プロコース」は、昨年から授業のスタイルを完全オンライン学習にリニューアルしました!

 

オンライン学習では、動画やテキストで心理を学べることはもちろんですが、プロの講師と学んでいるメンバー同士が交流し、学びをより深める「グループライブセッション(GS)」にご参加いただけます。

 

【心理カウンセラー資格セルフコースについて】

 

心理カウンセラーは、クライエントの問題解決のサポートを行ない、心の成長を促すスペシャリストです。そのためには、カウンセラーがクライエントの最高の理解者となり、いつでも心に寄り添っていくことが大切です。

セルフコースでは、「カウンセラーのあり方・コミュニケーション・心のしくみ・傾聴技法」など、クライエントの心のサポーターになる為の基礎を学びます。

 

今回は、一番初めにカウンセラーとしてのあり方を学ぶ「来談者中心療法」について、グループライブセッション(GS)を行いました。

 

【来談者中心療法:グループライブセッション(GS)の様子】

 

心理カウンセラーは、そもそも何をする人なの?

 

時々、ドラマや映画にも登場する心理カウンセラーという方たち、様々なイメージを持たれることが多いかもしれませんね。

 

カウンセラーは、クライエントの悩みを解決するためにアドバイスをする人?

カウンセラーは、クライエントのお話をただ聴いてあげる人?

 

実は、どちらもブッブーなのです!

 

心理カウンセラーの 役目は、「問題を解決する」「ただ聞く」のではなく、クライエントが「問題を解決する為のサポート役」です。クライエント自らが答えを見つけるようにカウンセラーが促していくのです。

 

今日のテーマ「来談者中心療法」では、もともと、人間は、健康で幸せに行きたいはずだ!ということを、信じて関わるということを学びます。

 

人生、上手くいっていないときは、卑屈になりやすくなってしまいます。

自分が、心も身体も健康で幸せになれるということさえ、疑いたくなってしまいます。

そんな時こそ、安心して心を解放できる場所が必要です。

 

 

今回は、その環境を作る為に、来談者中心療法の中の、カウンセラーの基本姿勢「3つの態度条件」を学びました。そして、3つの態度条件の理解を深めるために、参加者同士が話し合う「グループディスカッション」を行いました。

 

グループディスカッションでは、生徒同士で論理について話し合い、論理をより深く落とし込むことができます。

 

そして、後半では、カウンセリングの練習「傾聴」を実際に体験しました

 

実際にやってみると

 

「傾聴って、難しい!」

「論理が頭で分かっていても、なかなか実践できない」

 

など、みなさんから感想があがりました。

 

そして、

「否定しないで聴いてもらえて、話しやすかった」

「もっと聴いてもらいたい気持ちになった」

 

などの感想もありました。

 

当スクールでは、コースに参加されている期間中、動画を再度視聴したり、GSに何度でも参加していただくことが可能です。

何度も参加することで、学びが深まり、傾聴のスキルも上がります。

 

また、傾聴の練習のために、毎週月曜日夜は「グループ傾聴トレーニング」を行なっています。

 

ぜひ、皆さんと一緒に心理の学びを深めていきたいと思います!

 

「カウンセラーの基礎・ 傾聴」を身に付ける
「心理カウンセラー資格セルフコース」についてはこちら

 

心理療法のスキルを身に付ける
「心理カウンセラー資格プロコース」についてはこちら

 

毎週月曜日開催の傾聴トレーニングについてはコチラ

 

その他のオンライン授業の様子、最新情報を知りたい方はこちら

0 コメント

募集中!6月の勉強会&7月マインドフルネースコース

「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々を中心に、心理の学びを深める「勉強会」を開催しております。

 

 勉強会では、ベテランの講師から、心理の座学や、カウンセリングの技術を2時間じっくりと学ぶことができます。

 

参加条件ですが、「勉強会」は会員の方だけでなく、非会員の方、他校の方でも大歓迎です!心理カウンセラーを目指す参加者の皆様と一緒に、心理の学びを深めていきたいと思います。

 

 

【5月の勉強会:マインドフルネスとは】

 

マインドフルとは、”過去”や”未来”に囚われていない、”今ここ”に生きる「あるがままの状態」と言われています。

 

マインドフルネスを実践的に行うことで、ストレス解消解消や、リラックス効果が得られると言われています。

マインドフルになることで、私たちが普段感じる必要のないストレスから解放され、本当に必要なことに、気づくことができるかもしれません。

 

「マインドフルネス」と聞くと、ヨガや瞑想を思いつく方がいらっしゃるかもしれません。

ここで学ぶマインドフルネスのメソッドは、その場で瞑想したり、特別な空間を用意する必要はありません。

ここで学ぶものは、日常に馴染みやすいメソッドになるので、いつでもどこでも、マインドフルな状態を手に入れることができます。

 

そして、東京ビジネスカウンセラー学院では

6月にはiNLPセンター所長による「マインドフルネス特別クラス(2日間)」

7月には本格的に学ぶことができる「マインドフルネス本コース」を開催します!

 

ブログの最後に詳細を載せますので、興味がある方は是非ご覧ください。

今回の勉強会は、「マインドフルネスと脳の関係」についてでした。

 

人間は、太古から持つ基本的な構造の脳を保ったまま、地層のように脳が新しく付け足される形で、進化をしてきたという仮説があります。その進化の中で、人間は「3つの脳」を持ち合わせていると言われています。

 

①生きるための「爬虫類脳」

②感じるための「哺乳類脳」

③考えるための「人間脳」

 

実は、この「3つの脳の特徴」を理解していただくことで、さらに「マインドフルネス」の状態理解が深まります。

 

例えば、私たちの日常生活におけるメンタルの状態について、考えてみましょう。

 

日頃、生活していく中で…

 

・何気ない1日のなかで、ついついいろんな考え事をしてしまい、時間がないように感じる

・大きな問題を抱えていなくても、安心して過ごすことができず、気持ちが塞がってしまう

 

など、「リラックスして1日を過ごすことができない」と感じたことはありませんか?

 

通常、私たちの生活は、動物と違って天敵に狙われてもいなく、「命の危険性を感じるような生活」でないことが多くあります。

ではなぜ、私たちが心から安心して、生活していくことが難しいのでしょうか?

 

そのように感じるのは、私たちが持っている「考えるための人間脳」がうまくコントロールできず、「感じるための哺乳類脳」「生きるための爬虫類脳」も、ネガティブな状態へと陥ることが、原因の1つとして考えられるかもしれません。

そして今回は、「人間脳」をコントロールし、「哺乳類脳」「爬虫類脳」を落ち着かせ、どのような状態でも居心地よく過ごす「マインドフルな状態」を、生み出す方法について学んでいきました。

 

勉強会では、日常のよくある状況から、心理的に何が起こっていくのかを解説していくので、論理を知らない初めての方でも、安心して学んでいただくことができます。

 

今回も、初めてマインドフルネスを知った方が、勉強会を通して、

「脳の仕組みを知るだけで、自分の状態を落ち着いて考えることができた」

 

など、マインドフルな状態で、学んでいただくことができたように感じました。

 

マインドフルネスのコースでは、その仕組みをより詳しく理解し、マインドフルになるための習慣的なテクニックを学んでいきます。

 

7/4から、「マインドフルネスベーシックコース・アドバンスコース」

の2コースが同時開催されます。

 

皆さんで一緒に学びながら、マインドフルな状態を体験してみませんか?

より多くの方のご参加を、お待ちしております。

 

6月はマインドフルネス特別講義(6/20参加者募集!)

 7月はマインドフルネスの授業がスタート!

 

「マインドフルネス」について、詳細・参加方法はこちら

 

 

【6月の勉強会開催について】

 

今月の勉強会は…

6/25(金)19:00-「マインドフルネス何でも質問会」として開催いたします!

近年、大変関心の高いマインドフルネスにぜひ触れてみてください。
※今月のご参加方法は、リモート学習(zoom)でお願いいたします。

 

今回の勉強会は、東京ビジネスカウンセラー学院で6/6.6/20に開催された、マイク・バンドラント先生の特別講座に参加された方は、無料にてご参加頂けます。

 

勉強会に参加希望の方はコチラ

 

スクールでは、心理の学びの講座を、いくつかのカリキュラムとしてご用意しています!

「心理カウンセラーを目指したい」「自分の心のケアをしたい」「人間関係を豊かにしたい」など、様々な思いを持った方が参加されています。

スクールの様子、授業内容についても、他のブログでも詳細を記載していますので、興味あるかたはご覧になってください。

 

スクールの授業の様子・授業内容のブログについてはコチラ

 

【5月参加者募集】カウンセリングの技術を磨く!勉強会

「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々を中心に、心理の学びを深める「勉強会」を開催しております。

 

勉強会では、ベテランの講師から心理の座学や、カウンセリングの技術を2時間じっくりと学ぶことができます。

 

参加条件ですが、「勉強会」は会員の方だけでなく、非会員の方、他校の方でも大歓迎です!

 

心理カウンセラーを目指す参加者の皆様と一緒に、心理の学びを深めていきたいと思います。

 

前回のテーマは、「カウンセラーになるために、自分にどう心理療法を活用できるか?についてでした。

【カウンセラーが心理療法を適切に使うために大事なこと】

 

 

「技法は学んだけれど、いざクライエントがきた時にどう使えばいいの?」

「どのようなクライエントに、どのような心理療法を選べばいい?」

 

 

心理学や、心理療法の知識を得たものの、実際にどうやって使えばいいのか、イメージがつかない。このままではカウンセリングで使うことができないのではと、不安に感じることはありませんか?

 

心理療法や傾聴など、学びを得ることや、技術を磨いていくことは、クライエントの問題解決のサポートを行う上では欠かせないものになります。

 

実際の療法を的確に使っていくには、カウンセラー自身がその療法の効果を体現できていることです。つまり、カウンセラー自身が「自らその心理療法を体験しており、療法を使うものとして、説得力のある状態」であることが大事です。

 

そして、カウンセリングでクライエントの心に寄り添って成長を促していくためには

クライエントの鏡となる心理カウンセラー自身が心の成長を遂げ、整のえていくことが重要なのです。

 

 

カウンセラーの心の成長度合いによっては、寄り添えるクライエントのレベルがどこまでなのかが決まります。

 

もし、カウンセラー自身に未解決の心の課題があり、同じ課題を抱えたクライエントを担当したとします。そうすると、カウンセラー自身が問題未解決のため、問題解決のサポートをしていくことは難しくなるかもしれません。

 

カウンセラーの心の成長は、様々なクライエントの心にしっかりと寄り添っていく上でも、とても重要なのです。

 

【勉強の様子・参加者の気付き】

 

今回は、これまでに得た心理の学びや技術をどのように心の課題に当てはめ、そこからどのように変わったのかを参加者同士で話し合うために、グループディスカッションを行いました。

 

 

参加者それぞれの意見を聞くことで

 

「こんな使い方もできるんだ」と

療法の特徴を理解することができたり、他者の気づきを通して療法の効果を理解することができたように感じました。

 

 

また、参加者はそれぞれが学んでいる療法に特色があるので

習っていない心理療法を知ることができ、アプローチの仕方に様々な可能性を見出すことができました。

 

ディスカッションの中では

 

「自分のどこに課題があるかわからないけど、行き詰まりを感じている。どのように課題にアプローチすれば良いのか?」

についても触れていきました。

 

 

「行き詰まりを感じている自分をどのように見ていくと、自分の課題が明確になるのか?」

ベテラン講師のアドバイスを含めながら、自分自身の課題の向き合い方についてディスカッションを行いました。

 

行き詰まった時の課題の見つけ方についても話し合うことで、上手に課題と向き合う方法を学ぶこともできました。

 

講師は最後に

「クライエントは、まずは自分である。自分を見つめていくことが大事」

ということをお話ししました。

 

カウンセラーが自身の課題を明確にし、その課題に合わせて療法を使い、自己を整えて統一させていくことが大事であるということです。

 

そして、カウンセラーが心の状態を整えることで、目の前にいるクライエントにも適切に寄り添っていくことできるでしょう。

 

今後も、心理カウンセラーとしての姿勢、技術を磨いていく勉強会を続けて開催をしていく予定です。

勉強会に興味あるかた、ぜひ一緒に心理の学びを深めていきましょう!

 

【 5月勉強会

 

テーマ:「マインドフルネスコーチとは~マインドフルネスが分かる2時間講座~」

 

 

開催日:5月15日(土)15:00~17:00

 

東京ビジネスカウンセラー学院で学べる、NLPを活用した、世界でも最新の「マインドフルネスコーチ」の内容を2時間で学びます。

マインドフルネスとはどのような状態を言うのか?脳の仕組みと心の状態を合わせて理解していきます。

これからの心理カウンセリング・コーチングにぜひ活用いただきたい内容です。

 

すでにカウンセラーとして活動されている方も、カウンセリングを学び中の方も、ぜひご参加下さいませ。

 

勉強会の申し込みはコチラ



【毎週月曜に傾聴トレーニングを開催中!】

 

東京ビジネスカウンセラー学院では月1の勉強会以外にも、毎週月曜日の夜にグループで行う傾聴トレーニングを開催しております。

 

練習方法は様々ですが、実際にカウンセラー、クライエント役を体験することで、スキルを磨くことができます。カウンセリング歴20年以上のベテラン講師が、皆様の傾聴スキルを高める指導をさせていただきます。

 

オンライン(Zoom)にて参加が可能なので、お好きな場所で受けていただくことができます。

こちらも他校の方の参加は大歓迎です!

 

興味ある方は、コチラのページを是非ご覧になってください。

 

毎週月曜開催:グループ傾聴トレーニングについてはコチラ

 

 

心理を学びたい方大歓迎!スクールの様子

東京ビジネスカウンセラー学院の「心理カウンセラー資格セルフコース・プロコース」は、昨年から授業のスタイルを完全オンライン学習にリニューアルしました!

 

オンライン学習では、動画やテキストで心理を学べることはもちろんですが、プロの講師と学んでいるメンバー同士が交流し、学びをより深める「グループライブセッション(GS)」にご参加いただけます。

 

コースに参加されている方は、学習期間内は動画の視聴、グループへの参加は何度でも可能となっています!

 

動画で座学を学び、頭では理解できたものの

「実際はどうやって使えばいいの?」と疑問に思うことはありませんか?

 

GSでは、同じコースを受講してる生徒が集まり

 

学んだ理論に対して各々が考えを述べたり

実際にどのように使っていくと良いのかを話し合うことで、実践的な能力にも繋げていきます。

 

今回は、「心理カウンセラー資格プロコース」の中の、「ユング心理学のタイプ論」について学びました。

【ユング心理学”タイプ論”とは?】

 

日頃いろいろな人と接していると、「この人とはタイプが合う!」「この人とはタイプが合わないなぁ」と感じることはないでしょうか?

 

自分とタイプが合えば仲良くできるけど、自分と違うタイプとはうまく関われないことがありますが、どれかが正しいというわけではなく、様々な特徴があるということです。

 

タイプ論では、主にタイプを「2つの態度」と「4つの機能」にわけ、それぞれのタイプの特徴を学んでいきます。

 

カウンセラーはそれぞれのタイプの違いを知ることで、クライエントのタイプに合わせた関わりができるようになります。

 

グループライブセッション(GS)で得られるもの

 

今回のGSでは、まず初めに自分がどのようのな特性かを理解するためにも、「自分はどんな性格の人であるのか?」を考えていただき、皆さんでシェアしました。

シェアした後には、各々がどのタイプに当てはまるかを考えていき、それぞれのタイプの特徴を掴むことができたように感じました。

 

人によってタイプが違うことを踏まえ、どのようなかかわりがカウンセラーとして効果的か?

学びが深まった後には、「実際にカウンセリングで使う方法」を考えました。

 

参加者からは、いくつかの方法が発表されましたが、皆それぞれ技法の扱い方、捉え方があり、どれもカウンセリングに効果的な関わり方や見立てに繋がったように感じました。

 

このように、学んでいる本人が体験を通して自己理解を深め、参加者同士でディスカッションを行うことで心理療法の理解を落とし込んでいくことができるかもしれません。

 

自身が経験していないことで、理解することが難しい理論もあることでしょう。

けれども、GSで講師に質問したり、様々な生徒の経験や考え方のシェアを聴くことで、今までわからなかったことも「こういうことなんだ!」と、理解することできるのではないでしょうか。

 

そして、理論1つ1つを理解することから、やがて全体の学びが集約されていき、心理の学びが一段と深まることでしょう。

 

気づきが深まり、カウンセラーとしての能力が身につくグループライブセッション(GS)。

 

グループライブセッションが行われている、「心理カウンセラーセルフ・プロコース」にご興味のある方は、下記の東京ビジネスカウンセラー学院のホームページをご覧ください。

 

心理療法のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格プロコース」についてはこちら

 

傾聴のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格セルフコース」についてはこちら

 

その他のオンライン学習の様子、最新情報を知りたい方はコチラ

マインドフルネス6月特別講座決定!受講者募集

マインドフルネスコーチコースを体験したい方必見!!

 2021年6月、マイク先生の特別クラスが開催されます!

 

マインドフルネスコーチコースをご検討中の皆さまも、ぜひ、体験を兼ねてご参加頂ければと思います。 

 

  iNLPセンター所長 Mike Bundrant氏特別クラス

(東京本校にお越しいただくか、zoomにてご参加いただけます。)

 

 ●2021年6月6日(日)9:00-12:00

●2021年6月20日(日)9:00-12:00

 

そして、7/4(日)から、マインドフルネス講座がスタート!

 

マインドフルネスを体験したい方、興味がある方は是非ご参加くださいませ。

 

参加についてはこちら

 

【マインドフルネス ベーシックコースについて】

 

マインドフルネスは、多くの医療機関や企業が採り上げるほどの注目のプログラムとなっております。

 

ストレスや不安が軽減され、心の安定につながる「マインドフルネス」の授業が、どのように行われていたのか、その一部を紹介させていただきます。

 

目の前で起きていることよりも、過去のことや未来のことを考え、私たちの心はいろんな感情や思考を巡らせることがあります。

時には悪いことが頭から離れなくて、ネガティブな感情から抜け出せずに、ストレスを感じるといったご経験をされたことはありませんか?

 

マインドフルネスでは、”今ここ”に意識を向けることで、感じる必要のないストレスから抜け出すことができます。

 

今回は、本当の自分とは何かを探っていく「アイデンティティ」について、皆さんとお話しました。

続きを読む

【4月開催!】カウンセリングのスキルを磨く!勉強会

「ホームメンタルカウンセラー協会(HMC)」では、東京ビジネスカウンセラー学院で学んだ方々を中心に、心理の学びを深める「勉強会」、心理カウンセラーとして活動の場を広げていく「エキスパートプロジェクト」の2種類のイベントを開催しております。

 

勉強会では、ベテランの講師から心理の座学や、カウンセリングの技術を2時間じっくりと学ぶことができます。

 

参加条件ですが、「勉強会」は会員の方だけでなく、非会員の方、他校の方でも大歓迎です!

心理カウンセラーを目指す参加者の皆様と一緒に、心理の学びを深めていきたいと思います。

 

3月は、カウンセリングを実践して技術を磨く「傾聴トレーニング」を行いました。

【傾聴トレーニングの様子】

 

座学は学んでも、傾聴スキルを磨くことがなかなかできない!

 

カウンセリングの経験を積む機会が少ないことから、実際のカウンセリングに不安を感じることはありませんか?

 

皆さんが安心してカウンセリングの現場に立っていただくために、カウンセリングに大事な3つの要素を学び、グループごとに傾聴トレーニングを行いました。

 

 

トレーニングを始める前に、ベテラン講師が3つの要素「主訴・見立て・今後の方針」について、解説を行いました。

 

「主訴」はクライエントの最も訴えたいことであり、会話の道筋の軸となるメインロードのようなものになります。

 

カウンセリング中に話が横道にそれたとしても、主訴(メインロード)をしっかりと掴む事で、軸にそって正確に傾聴を行うことができます。

 

そして、主訴の裏にある「クライエントの心の状態、パーソナリティ」は何か?

どのような心の動きが主訴を引き起こしているのかを見立て、どのように技法や心理療法を活用していくと良いのか、最後に今後の方針を考えていきます。

 

この3つの要素をしっかり掴むことができる事で、より的確なカウンセリングを行うことができます。

 

今回は3人1組のグループになり、それぞれが「クライエント役」「カウンセラー役」「観察者役」の3役を体験する傾聴トレーニングを行いました。

 

3つの要素を意識しながら、10分間のカウンセリングの中で主訴を掴み、カウンセラー役はその後のディスカッションで「主訴・見立て・今後の方針」をグループに伝えました。

クライエント役に主訴が正確であるかを確認することで、傾聴が軸に沿ってうまくできたかどうかを確認することができます。

 

傾聴トレーニングするためには、カウンセラー役、クライエント役は外せない役割ですが、観察者役も、重要な役割を果たします。

 

観察者の場合、他のメンバーの傾聴も見ることができるので、客観的に考察することができ、技法の使い方や姿勢を参考にすることができます。

このように客観視ができるからこそ、カウンセラー自身が普段気づくことのできないところを、観察者の目を通して気づくことができるのです。

 

実際に参加者の中には

「自分の見えないところを観察者の方が教えてくれたことが、大きな気づきになりました!」

と、参加者の成長の一歩につながったように感じられた感想もありました。

 

そして、参加者全員の意見を通して、傾聴スキルを磨いていくためには、練習の数を増やして技術を磨いて行くことが大切なのだと、改めて感じました。

 

今後もHMC協会では、心理カウンセラーを目指す皆様に役立つ知識や、スキルアップのためのロールプレイなど、様々な企画を考え中です。

 

皆様で楽しく交流しながら、一緒に心理の学びを深めていきましょう!

 

そして、次回の勉強会は4/23に開催!

4月のテーマは「カウンセラーになるために、自分にどう心理療法を活用できるか?」です。

 

心理カウンセラーになるために、今まで学んだ心理学や心理療法をどのように自分自身に使っていくことができるのか?どのように心を成長させていけばよいのか?参加者の皆さんと考えていきたいと思います。

 

すでにカウンセラーとして活動されている方も、カウンセリングを学び中の方も、ぜひご参加下さいませ。

 

次回の勉強会参加についてはコチラ



【毎週月曜に傾聴トレーニングを開催中!】

 

東京ビジネスカウンセラー学院では、毎週月曜日の夜に傾聴トレーニングを開催しております。

 

練習方法は様々ですが、実際にカウンセラー、クライエント役を体験することで、スキルを磨くことができます。カウンセリング歴20年以上のベテラン講師が、皆様の傾聴スキルを高める指導をさせていただきます。

 

オンライン(Zoom)にて参加が可能なので、お好きな場所で受けていただくことができます。こちらも他校の方の参加は大歓迎です!

 

興味ある方は、コチラのページを是非ご覧になってください。

 

毎週月曜開催:グループ傾聴トレーニングについてはコチラ

オンラインスクールの様子「交流分析」

東京ビジネスカウンセラー学院の「心理カウンセラー資格セルフコース・プロコース」は

昨年から授業のスタイルを完全オンライン学習にリニューアルしました!

 

オンライン学習では、動画やテキストで心理を学べることはもちろんですが、プロの講師と学んでいるメンバー同士が交流し、学びをより深める「グループライブセッション」にご参加いただけます。

 

コースに参加されている方は、学習期間内は動画の視聴、グループへの参加は何度でも可能となっています!

 

 

 

【心理カウンセラー資格プロコースについて】

 

カウンセリングではクライエントの気持ちに寄り添うことはとても大事なことですが、限られた技法だと、問題解決までに時間がかかったり、問題を解決するサポートが困難であることもあるかもしれません。

 

プロコースでは、クライエントの抱える問題解決を促すのに、カウンセリングで有効的な9つの心理技法を動画で学んでいきます。

 

また、グループライブセッションに参加すると、講師や生徒同士でディスカッションを行ったり、気になる部分を講師に質問したり、アドバイスを受けることができるので、動画で学んだことをより深く落とし込むことができます。

 

実際にロールプレイで心理療法を実技として使うこともあり、参加者が技法としてのテクニックを体感で掴むことができます。

 

また、こんな方にもプロコースはおすすめです。

 

・自分の成長のために、自己理解を深めたい

・心理業に携わるために、スキルアップされたい

・心理状態の理解をもっと深めたい

・より良い人間関係を構築していきたい

 

心理カウンセラーを目指す方以外でも、ご自身の癒しや、身近な人との良い関係を結びたい方など、ご自身のケアとして学んでいただくこともできます。

 

 

 

【グループライブセッションの様子】

 

今回のグループライブセッションは「交流分析」の前半、「構造分析・交流パターン」についてでした。

 

人間は組織に属したり、プライベートを過ごす時など、常にどこかで誰かと関わることがあり、人との交流は欠かせないものになります。

 

普段私たちが何気なく行っている人との交流の中には、相手と意気投合して会話がうまく成り立っている場合と、意思疎通がうまくいかなく、会話が成り立たなかった場合など様々なシチュエーションが存在します。

 

人との交流がどのように行われているのか?

 

交流分析では一連の交流を分析し理解することで、コミュニケーションをよりスムーズに行うことができます。

 

まず最初の「構造分析」では、自分の心のパワーバランスを知るために自己分析を行い、それぞれの分析結果をシェアしました。

また、「会話分析」では、会話が成り立つ時と、成り立たない時の「交流パターン」を知った上で、生徒は身近な交流からパターンを作成し、生徒同士でディスカッションを行いました。

 

このように、自己分析の結果をシェアしたり、共にワークを行うことによって、なかなか理解できなかったことを、他者を通して理解することもできるでしょう。

 

講師や生徒同士が関わり、学びを深めていくことができる「グループライブセッション」

 

グループライブセッションが行われている、「心理カウンセラーセルフ・プロコース」にご興味のある方は、下記の東京ビジネスカウンセラー学院のホームページをご覧ください。

 

心理療法のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格プロコース」についてはこちら

 

傾聴のスキルを身に付ける「心理カウンセラー資格セルフコース」についてはこちら

 

その他のオンライン学習の様子、最新情報を知りたい方はこちら

TBC心理カウンセラー講師デビュー!

スクール講師の成澤です。

私は、東京ビジネスカウンセラー学院で学び、昨年から講師として活動しています。

今日は、講師活動の様子を、少しご紹介したいと思います。

 

 

東京ビジネスカウンセラー学院では、スクールを卒業後も、インターン生として授業に参加することができます。

 

インターン生は、授業の中で講師と協力しながら生徒と関わり、学習の理解を促していくなど、学びながらファシリテーション能力を身につけることができます。

 

そして、インターン生として学びとファシリテーション能力をつけた方には、スクール講師としての活動の道もあります。

 

私はインターン生として活動しながら、講師としての学びも続けていました。そして、去年の末からスクールの講師としてデビューをいたしました!

 

 

【講師デビューの感想】

 

今回の授業は、スクール講師として3回目の担当となりました。

 

授業を行うまでの準備として、学びを復習しながら自分なりの言葉でメモをまとめたり、時には模擬生徒を用意しながら、授業のイメージトレーニングを行いまいた。

 

私は、参加されている生徒の皆さんが、少しでも学びを深く感じられるような、充実した授業にしたい!

そんな思いを抱えながら、授業内容の復習をしていました。

 

前向きな気持ちで授業準備をしていますが、いざ当日となると、始まる前からどうしても緊張してしまいました。

 

そんな時に私が思い出したのは、ファシリテーター研修時代に学んだ「ファシリテーターそのものが居心地良くあること」という考え方でした。

 

私の場合、講師の立場になると、つい考えてしまうのは「質問されたことに完璧に答えらなければならない」ということでした。

 

講師であれば、生徒よりもっと理解が深いのは当たり前で、なんでも臨機応変に答えることが必要だろう!と、ついつい力んで考えてしまいました。

 

ただ、このように力んだ状態で講師を担当することは、居心地が良いかと聞かれたら、正直良いとは言えません。

 

きっと、緊張して力んだ私を生徒の方が見たら、「この先生大丈夫かな?」と、不安を感じることでしょう。

 

力んだ講師を見て皆さんが緊張してしまうよりも、居心地の良い空間の中で、生徒の皆さんが自由に質問できることの方が大事だと、今回は気づくことができました!

 

講師として経験が浅い場合でも、ここではベテラン講師からの指導を受けたり、同じインターン生のサポートを受けながら、しっかりと経験を積むことができます。

 

そして、私も学びを深めながら、今後も皆さまの学びのサポートに努めさせて頂ければと思います。

 

心理カウンセラー資格セルフ・プロコースでは、たくさんの生徒の皆さんにお集まりいただき、毎回賑やかなセッションを行っております。

 

今後スクール講師を目指したい方、インターン生として学びを深めながらサポートをしてみたい方、一緒に心理の学びを深めて、能力を高めていきましょう!

 

カウンセラーとしての基本姿勢を学ぶ!

心理カウンセラー資格セルフコースのオンライン講座参加はコチラ

 

カウンセリングに役立つ心理療法をしっかりと学ぶ!

心理カウンセラー資格プロコースのオンライン講座参加はコチラ

 

オンライン講座の体験が気軽に受けられる!スクール体験入学についてはコチラ

 

オンライン学習のスクールの様子をもっと見たい方はコチラ